2019年6月17日月曜日

夢日記 「Tさん」 2019/06/13

外で、普段は温厚な用務員さんが、厳しい口調でTさんを呼び止め、大声で「うんこを持ち出すな!」と叱責した。Tさんはオーカー色の布製バッグをお腹側に背負っていたが、確かにバッグは中に入っているなにかで大きく膨らんでいる。大量のうんこをどうしようというのか?用務員さんは彼に近づき、バッグを奪い取り、その中のものを地面に叩きつけた。 
バッグから飛び出したのは、彼が出品している展覧会のカタログの束と、地面に叩きつけられたため、分厚い茶封筒に入っていた展覧会のDMの束。それは手渡しするのだろうか、わざわざ白く印刷されたような字で大きく「××様」と名前が書かれていた。見たところ、うんこのようなものは見当たらなかった。それでもまだ用務員さんはTさんを睨んでいた。 無言で佇む彼が不憫でならなかった。


2019年6月11日火曜日

夢日記「風船シンバル」 2004/06/04

藝大の音楽練習室に似た大きな音楽スタジオ。
壁にはめ込まれているかのようにぴったり収まっているセットを叩いた。思った以上に手足がすいすい動いて気持ちがいい。
クラッシュシンバルの位置には風船が並んでいるだけだ。叩いてみると、ちゃんとシンバルの音がするのであまり気にせずに叩きまくった。


2019年6月10日月曜日

夢日記「宮沢りえになった」 2003/11/17

夜、宮沢りえになった自分が、高いビルに沿って伸びている足場のてっぺんに居る。赤いコートを着ているりえは、そこから飛び降りようとしているのだ。見下ろすと、地上にはデパートのようなビルの入口から光が漏れている。飛び降りたら、その玄関の前に落ちるはずだ。玄関の前に横たわる、血の飛び散った小さな自分の体を頭の中で描いている。りえはそれがとても美しい死に方のように思っているのだ。

いつの間にか「女優…女優…」という言葉が何度も頭の中で繰り返されている。

死の恐怖は全くなかったけれど、飛び降りることをやめようと思う。



2019年6月8日土曜日

夢日記「鉄塔に登る」2019/06/03

ビル街の中にそそり立つ、鉄塔に登る。明るい黄緑がかったグレーの塗料はところどころサビが出て味がある。これは移動のための塔なので鉄塔のようなはしごと言えばいいのだろうか。
ビル街を下に見下ろすほど僕は高く登っていく。少し遠くに見えるビルを見て、この上まで登ったら向こうに最短で行けると考える。だからもう少し頑張ることにした。それまで登りやすかった足場の間隔が一箇所だけ何倍も高くなっている。ここを突破するにはかなり膝を高く上げて登らなければならない。

横風が強くなってきた。この一段だけ登ればビルの向こうに行ける。膝を何度も曲げながら頭の中で足場に足を掛けるイメージを浮かべるが、相当気合を入れないと不可能だ。突然ものすごい恐怖心が沸き起こってきた。ここまで登って来た事をあっさりと諦める気持ちにさせるほどの恐怖心だった。





x