2021年1月19日火曜日

夢日記「レモンの道・大谷石の部屋」2020/06/27

  父と共に親戚の家に向かっている。

夢日記「レモンの道・大谷石の部屋」2020/06/27

父と共に親戚の家に向かっている。
「今はあちこちにレモンがなっているはず」と、何気なく口に出したら、父は、そんなわけないとでも言いたげに、馬鹿にしたような顔をした。けれども荒れ放題の野道を暫く歩いていると、あちこちに実ったレモンが視界に入ってくる。低い木に実っているものもあるが、まるで地面を這っているかのような枝についているのも多い。随分大きなものから、ほとんど干からびかけているものまで、実際にレモンがこんな風に実っているところを見たのは初めてだ…。



 久しく訪れていなかった親戚の家に着いた。なんと曽祖父はまだ生きていて、有り余る財力で四畳半の自分の部屋を大谷石で総石造りにしていた。これは部屋というより一軒の家だ。「これは死んだらこのまま石棺になりますね」と言おうとしてやめた。分厚い大谷石の扉はオートドアなのだそうだ。