2019年9月26日木曜日

夢日記「コンテスト」2013/10/16

バンドコンテストに僕のバンドも出場した。
幾つかのバンドはメンバーが飼っている猫を連れて来ていて、
みんなのアイドルのようになっていた。もちろん僕の猫も連れてきた。
どの猫も茶トラ白だ。
よそのバンドが賞をもらった。


2019年9月16日月曜日

夢日記 「サクリファイス」 2012/07/03

大きな屋敷。柱がなく薄暗い部屋に多くの人が立っている。真ん中にテレビモニターが置いてある。タルコフスキーの映画「サクリファイス」のような緊張した雰囲気が漂っている。テレビには総理大臣が映り、とても重要な事を発表した。立っている人々は皆、テレビを無言で見ていた。

2019年9月14日土曜日

夢日記「軍服の女」 2019/09/13

でこぼこで草だらけの場所。軍服を着たロシア人の女が僕の目の前に現れた。睨みつけるように僕の目を見ながらハミングで何か歌っている。僕はスキップでもタップでもなく足で地面を鳴らし、その歌に伴奏のようなリズムを打ち出した。 領事館のような建物が視界の端に見えて、その前を職員らしき白人男性が歩いていた。
 (ここはもしかしたら共産圏?こんなところに居て大丈夫なのか?)女は僕が打ち鳴らす、タタッ・タタッ・タタッタタッタタン、のリズムにぴったり合わせて肩を前後に揺すりながら後ずさりしていく。(休符のところではぴたりと動きを止める)僕が追い詰めるようにして奥のプレハブ小屋に入った時、この展開なら狭いこの部屋の壁に張り付いた彼女にキスでもすることになるのだろうと思ったが、唐突になにか現実的な邪魔が入って「ごっこ遊び」はお開きとなった。



2019年9月10日火曜日

夢日記「バスを待つ女」1997/03/06

女性とバスを待っている。待っているのは彼女で、僕は付き合っているだけのようだ。曇り空、広々としているけど人も車もいない道路、寒々とした新木場あたりの倉庫街のような所だ。2人で長々と世間話をしている。バスがやってきた。バスと言うより超過積載のトラック。荷物だけでビル4階分位はある。バスストップに近づく。彼女はただぼーっと見ているだけだ。せっかく長いこと待ったのに乗り過ごしてしまうよ、と、口にしたのか頭の中で思ったのか…。その荷物の上には黄緑色のプラスチック製のカゴが無造作に置いてあり、1/3ほど外にはみ出ていて今にも落っこちてしまいそうだ。「この状態で落とさずに走れるんだからすごいものだ」と思っていたらカゴは落っこちてしまった。トラックが止まった。「今走れば間に合うよ、乗せてくれるよ」と彼女を強く促す。


#夢日記 「橋」2016/09/02

妻を乗せて深夜、家に帰ろうとしている。
山間の裏道を通ろうと、川の手前に来たら、雨が降っていたわけでもないのに川の水量が増え、橋が見えないほどになっていた。
流れも少し急だ。その眺めは夜の帳に隠れても良さそうなものだが、月明かりがさしているのだろうか、川の流れの中にほんの少し確認できる橋の気配が綺麗だった。

「どうしよう、、でもなぜ、、」と言いながら、別の裏道があった事を思い出し、そこに向かって車を 走らせることにした。